BAK-NEWS
baknews.exblog.jp

パチンコ・パチスロの様々な事情。アジア情勢、ニュース論評など、真面目じゃない筆者が好き勝手に書くブログ。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
このブログについて。
パチスロ企画開発に従事するパチバカ人間のブログです。

ニュース記事もたまーにやりますが、流して下さいませ。

パチンコ・パチスロに係る質問があればお気軽にどうぞ。
↓パチ関連特化Blogはこちら↓   ◆パチブロ!BAK-NEWS◆



      ◆お知らせ◆
TB、コメントは基本的に自由です。
しかし、商業目的や、公序良俗に反したものは、削除させていただく事があります。

※以下が削除対象となります。

・攻略法等を煽る物
・アダルト系サイトに誘導する物
・その他記事とは全く関係のない商業目的と思われる物
カテゴリ
最新のトラックバック
パチンコ必勝法
from パチンコ必勝法
パチンコ必勝法
from パチンコ必勝法
北斗のクレヨンしんちゃん..
from nanameme
パチスロ 攻略
from ギャンブル総合サイト 「ga..
永田議員電子メール問題
from woody経済新聞
「電車を停めない」=「死..
from 入試過去問と著作権を考えるb..
小泉改革と事件無関係 ラ..
from 妄想to悪口
コレは笑っちゃイカンので..
from パチンコ業界 ウラの裏はオモ..
特許侵害だ!120億円!
from パチンコ業界 ウラの裏はオモ..
ビザって10回ゆってみ。
from 市川電蔵事務所
バカにつける薬無し
from いつもゴロゴロダラダラ
日中、日韓首脳会談「日本..
from ぱっとんな日々
前原代表、GJ発言続く。..
from 理性と狂気の境界
前原代表、支那に拒絶され..
from 理性と狂気の境界
君が代日の丸反対派の嘘その1
from ニッポンのこれから
・左派団体から中学校に届..
from アジアの真実
私的実験室
from 私的実験室
2005-11-25 S..
from mySCRAP
親日
from Blog jet city
日本領竹島(独島)に展望..
from マスコミが伝えない 韓国
お気に入りブログ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
怪しいアイス
ひさびさに日記でも。

日本は細長い島国で、海に囲まれ山あり谷あり、北国と南の地方では気温も異なる国。
地方色も様々で、全国各地に名産品や特産品というものがあります。

この前、そういった特産品などで作られたあるデザートを食してきました。
そのデザートとはアイスで、全国各地でつくられた珍しいアイスが沢山ありました。

その中から俺が選んだのがコレ
[PR]
by bar-_-seven | 2005-11-10 00:54 | 日記
第3次小泉改造内閣発足
第3次小泉内閣の顔ぶれがきまり、ニュースはそれ一色になっています。
 ◆首相 小泉純一郎
 ◆総務・郵政民営化 竹中平蔵
 ◆法務 杉浦正健
 ◆外務 麻生太郎
 ◆財務 谷垣禎一
 ◆文部科学 小坂憲次
 ◆厚生労働 川崎二郎
 ◆農水 中川昭一
 ◆経済産業 二階俊博
 ◆国土交通 北側一雄
 ◆環境・沖縄北方 小池百合子
 ◆官房 安倍晋三
 ◆国家公安委員長・防災 沓掛哲男
 ◆防衛 額賀福志郎
 ◆経済財政・金融 与謝野馨
 ◆規制改革・行政改革 中馬弘毅
 ◆科学技術・食品安全・IT 松田岩夫
 ◆少子化・男女共同参画 猪口邦子

『サプライズじゃなかった事がサプライズ』なんてマスコミは予想に反した普通の組閣ぶりを報道していましたが、靖国参拝にせよ、郵政解散にせよ、衆議院選挙の結果にせよ、全て小泉首相に振り回されている形。逆に言えばマスメディアは小泉首相の掌で踊らされてるんじゃないの?
なんだかんだでこの総理、戦後60年を経っても敗戦国根性から国際社会において重要な役割を担えなかったこの日本の外交面や、戦後の政治を殆ど担ってきた自民党の体質に大きな変化を与えたのは間違いありません。テロ特措法や有事関連法案、自衛隊の海外派遣、そして前回の郵政民営化法案に関する解散総選挙でも見て取れたように、『自民党をぶっ壊す』と言い放ち、これまでのように派閥にとらわれず、独裁などと批判されながらも、信念であった「構造改革」に取り組んできた姿勢は評価できます。
全てが公約通りには進んだわけではなく、たしかに反小泉派が言うようなマイナス要素もありますが、ここ最近の歴代総理と見比べてみれば残している功績は大きいのではないでしょうか。

靖国参拝においては『アジア諸国―中国、韓国』や国内の媚中韓派の反発も想定の上で、公約であった8月15日の参拝こそ実現していませんが、毎年参拝を続けています。
そういえば、かのブログ主が得意気に『小泉首相は来年8月15日に靖国参拝をする』なんて予測していましたが、そりゃ、まだ実現していない首相の公約ですし、首相は任期延長はしないと公言していますから、最後の年の8月15日に参拝するかも?なんて事は誰もが想像出来る事です。
しかし、私は今回の組閣で外務大臣に麻生氏、官房長官に阿部氏と靖国参拝組を持ってきた事や、かねてからも首相は『適切な時期を判断する』などと公言し、保守層の批判も受けながらも参拝日をずらしてきたこと考えてみれば、来年も8月15日の参拝はせず、自らは批判の対象になったとしても、次代がそれを引き継ぐ道筋を作る事を公約よりも重要視しているようにすら思えます。根拠は薄いのですが、来年首相が参拝するのは春の例大祭とかになるような気がしています。なんせマスコミや知識人の予測通りに行動する人物ではないって事は、これまでの経緯を見てもさんざんわかっている事じゃないですか。『変人』ってあだ名が付いていた人なんですから。

残り一年を切った任期での最後の小泉改造内閣になりましたが、ほぼ小泉色に染まった人物ばかりであることからも、任期満了後の次代において、小泉流第2幕の足がかりを築く為の組閣なのでしょう。
[PR]
by bar-_-seven | 2005-11-01 22:20 | ニュース