BAK-NEWS
baknews.exblog.jp

パチンコ・パチスロの様々な事情。アジア情勢、ニュース論評など、真面目じゃない筆者が好き勝手に書くブログ。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
このブログについて。
パチスロ企画開発に従事するパチバカ人間のブログです。

ニュース記事もたまーにやりますが、流して下さいませ。

パチンコ・パチスロに係る質問があればお気軽にどうぞ。
↓パチ関連特化Blogはこちら↓   ◆パチブロ!BAK-NEWS◆



      ◆お知らせ◆
TB、コメントは基本的に自由です。
しかし、商業目的や、公序良俗に反したものは、削除させていただく事があります。

※以下が削除対象となります。

・攻略法等を煽る物
・アダルト系サイトに誘導する物
・その他記事とは全く関係のない商業目的と思われる物
カテゴリ
最新のトラックバック
パチンコ必勝法
from パチンコ必勝法
パチンコ必勝法
from パチンコ必勝法
北斗のクレヨンしんちゃん..
from nanameme
パチスロ 攻略
from ギャンブル総合サイト 「ga..
永田議員電子メール問題
from woody経済新聞
「電車を停めない」=「死..
from 入試過去問と著作権を考えるb..
小泉改革と事件無関係 ラ..
from 妄想to悪口
コレは笑っちゃイカンので..
from パチンコ業界 ウラの裏はオモ..
特許侵害だ!120億円!
from パチンコ業界 ウラの裏はオモ..
ビザって10回ゆってみ。
from 市川電蔵事務所
バカにつける薬無し
from いつもゴロゴロダラダラ
日中、日韓首脳会談「日本..
from ぱっとんな日々
前原代表、GJ発言続く。..
from 理性と狂気の境界
前原代表、支那に拒絶され..
from 理性と狂気の境界
君が代日の丸反対派の嘘その1
from ニッポンのこれから
・左派団体から中学校に届..
from アジアの真実
私的実験室
from 私的実験室
2005-11-25 S..
from mySCRAP
親日
from Blog jet city
日本領竹島(独島)に展望..
from マスコミが伝えない 韓国
お気に入りブログ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧
またまた捏造『朝日新聞』 トカゲの尻尾切りで済ますな!
<朝日新聞>取材メモねつ造問題 文書送付のみで疑問の声
朝日新聞長野総局の西山卓・元記者(28)=29日付で懲戒解雇=が田中康夫・長野県知事の取材メモをねつ造した問題で、朝日は30日付朝刊に、社内調査結果とおわびを掲載した。29日夜に報道各社あてに文書を送付しただけで記者会見に応じなかったが、30日の紙面は文書より詳細な内容で、同社の対応に疑問の声も出そうだ。

 同紙によると、(1)記者は20日に田中知事の車座集会の取材に行ったが、宿直勤務のため集会終了前に取材を切り上げ、田中知事に新党に関する質問をしなかった(2)上司の長野総局長に虚偽内容を報告(3)総局長は取材結果を政治部の担当記者にメールで送るよう指示(4)記者は、田中知事と亀井静香・元自民党政調会長との会談場所を推測で長野県内とし、会談での田中知事の発言を、これまでの定例記者会見での発言を引用して勝手にメモを作成し、政治部の担当記者に送った――という。

 また、田中知事が23日の定例会見で事実関係を否定したことを受け、総局長は記者に、田中知事に直接会って確認するよう指示したが、記者は確認しなかった。25日になって県庁から田中知事が文書で回答を求めていると伝えられ、記者は同日夕から虚偽情報だったことを認め始めたという。

 朝日によると、記者が作成したメモはA4用紙1枚ほどの分量で、田中知事との一問一答形式のやりとりになっていたが、知事の定例会見以外の内容もあり、すべてでっち上げだった。

 朝日は報道各社への文書について「時間や人手からすべてを盛り込むのは難しかった。報道資料は必ずしもすべてを盛り込むものでもない」と説明している。

 同社の処分は次の通り。

 木村伊量・東京本社編集局長、金本裕司・長野総局長=減給・更迭▽脇阪嘉明・東京本社地域報道部長、持田周三・政治部長=けん責▽曽我豪・政治部次長=戒告▽吉田慎一・常務取締役編集担当=役員報酬減額10%3カ月。処分は29日開いた臨時取締役会で決め、田中知事と亀井静香元自民党政調会長側に謝罪した。

もうジャーナリズムの体をなしてないだろ、朝日新聞は。
どこまで国民をバカにすれば気が済むんだろね。NHK問題に関しても説明責任を果さず逃げたまま。もはやここまでくれば記者一人の問題じゃないだろ。
どう考えても朝日の社内体質に問題がある。
巷では『朝日伝聞』とか『チョウニチ新聞』とか揶揄されているが、未だに朝日を購読しているヤツはホント大丈夫か?どういう目的でこの新聞を読んでるんだか甚だ疑問。
チラシが多いとかテレビ欄が見やすいとかで購読してるとしても、一度離れた方がいい。
ウソを垂れ流し、それを繰り返す朝日に、これ以上ジャーナリズムを名乗らせるなっての。
トカゲの尻尾きりで終わらせるな!
[PR]
by bar-_-seven | 2005-08-30 21:38 | ニュース
もうすぐ選挙です。
久しぶりの更新です。更新していないのに訪れてきてくれた方々、大変申し訳ありませんでした。

私の最近の出来事といえば、先週土曜日に携帯電話をなくしてしまってヘコんでいました。
電話帳などのデータも全て失くしてしまって、連絡の取りようがない事態に・・。
機種変更で新しい携帯を購入したのですが、アドレス帳も寂しいもんですわ。
バックアップとか取ってなかった私が悪いんですがね・・。
不測の事態に対応していないのが私のクオリティですな。血のせいか?
私の正体を知っている方、連絡くださいです。

5号機開発の方は、未だ停滞中です。
以前保通協に持ち込んだ機械の結果もまだ出ていません。
徐々に型式試験に適合する機種が出てきていますが、市場の方はまだまだ変わってきませんね。
4号機の未発売機種がリリースされている時期ですから、5号機の浸透はまだまだ先の事になるでしょうしね。

話は変わりますが、もうすぐ選挙ですねー。
日が変わって本日が公示日です。
今回の選挙はかなり面白い選挙!与野党で争点がバラバラな感もありますが、一般に浸透しているのはやはり「郵政民営化問題」。
小泉首相のしたたかな戦略に野党が必死になっている構図に見えてしまいます。
民主党は「政権選択選挙」などと言ってますが、今回の選挙の結果がどうなるのか、非常に楽しみなところです。
個人的には民主党はドカーンと負けてもらいたいなぁーと。
心情的に保守ですから、靖国に参拝しないと公言している岡田代表に花を持たせたくないっていう単純な理由ですが・・。
国の為と言われて、またはそう信じて亡くなった人々の追悼よりも、他国の感情を優先するような人ですよ。自国民と他国民を天秤にかけて他国を選んでるわけですから、この先日本に危機がせまった時、命がけで我々国民を守ってくれるとは思えないんだよなぁ。

選挙でいつも思うのが、コイツだけは絶対当選させたくないって投票ができればもっと面白いと思うんですよねぇ。消去法ですら選べない状況の選挙区で白票入れるよりもいいし、特に比例区で犯罪者が当選しちゃうような事は真っ平ごめんですからね。

毎回投票率が下がり、国民の政治に対する関心が薄くなっている今、こんなに面白そうな選挙はなかなかありませんからね。
結果がどうでるかわかりませんが投票率は間違いなく上がりそう。それだけでもこの選挙に持ち込んだ小泉首相の決断は評価されていいんじゃないかと思います。
[PR]
by bar-_-seven | 2005-08-30 01:30 | 日記
やばいね
一年って早い。

さっきメールで自分が30ン回目の誕生日を迎えた事を知った。

最近は時間の流れがはやくて、あっという間に日常が過ぎ去ってく。

それはもう自分の年齢すら忘れる程。

生年月日と年齢を書く時に改めて自分の年を知り、

ひとりでショックを受けていたりする。

他人に年齢を聞かれるのが少しイヤになってきてるし、

改めて知りたくもない。

なんてったって年相応の自覚がないし、

自覚してもすぐ忘れる。(B型だからか?)

やばい・・・。

そして、また年齢を書く時にショックを受ける。

いくら自分がハタチくらいの気持ちでいても、

他人からそうは見られない。

他人からは既に立派なオヤジに見えてるのだろうか。(立派ではないが)

いやいや、オヤジっつうにはまだ早いだろ!と奮起しても

体力のなさを実感し、ちょっぴり現実に戻る。

風呂場でひそかに試す水はじきテスト。

とっくの昔に不合格になっている。

モノ忘れも多くなったかも・・。

一駅しか乗らない電車で降りすごしたのにはビビッた。

やばい・・・。

特に体のつくりが変わってきたように思える。

つまめなかった腹肉がつまめたのにはびっくりした。

いくら喰っても太らなかったのに、体重が5kg以上も増えた。

やばい・・・。

「成人病、三大疾患もカバー」

なんて保険会社のCMにちょっと反応してしまう。

やばい・・・。

そういえば、いわゆる中年って呼ばれるのっていくつからなんだろ?

それを知って当てはまっていたらどーしよう。

ってあがいても、どーしようもないが。

今、中途半端な年だからこそ、ブルーになるのかも知れない。

さらに年を重ねると、そのうち開き直るような気がする。

やばい・・・。

典型的ハゲオヤジで開き直っている、10数年後の自分を想像して鬱になった。
[PR]
by bar-_-seven | 2005-08-19 14:28 | 日記
罪悪感を持たない女
9月11日に向けて、話題は選挙一色になりつつありますが、その中でどうしても許せない人物がいます。

c0008823_11114122.gif

←コイツ
辻元清美(45)社民党公認候補。




この女は、どこまで国民をバカにするつもりだ?
いもしない政策秘書の給料を税金から抜き、国民を騙していた詐欺師だろ。しかもまだ執行猶予中。全く自覚がない。

この女のブログを見ると香ばしい思考回路の持ち主だということが良くわかりますねぇ。
最新のものは衆議院解散についての記事で、自分の悪事は棚上げし、他人だけは批判するというスタイルには、呆れて開いた口が塞がらなくなります。
(一部抜粋。郵政法案について) その結果が否決でした。解散後になおも法案を修正しないのであれば、参議院を馬鹿にするものです。今度は法案を修正するというのであれば、なぜ今それができなかったのでしょう? つまり、今度の解散は、どちらにしても大義がないのです。
他人の意見に耳を傾けず、自分の思い込みを貫くためにガムシャラに突き進む小泉さんが行う今回の解散は、「一人よがり解散」と呼ぶべきでしょう。

小泉さんの「改革」という絶叫にだまされないでほしいと思います。

おいおい・・お前が言える言葉かね?他人の意見に耳を傾けず、自分の思い込みを貫くためにガムシャラなのはお前だろ!?
前回の参議院選挙では、「もう一度だけチャンスを」などと訴えていたが結果は落選。国民はコイツの復活にNOと審判を下している。その事実はもう忘れましたか。
そして今度は「敗者復活のきく社会を」などと、あたかも自分が敗者かのように訴えている。
国 民 は、お 前 が 詐 欺 師 だ と 知 っ た か ら N O と 判 断 し た の !
そんな事もわからず、自分はただの敗者と都合のよい解釈で国民に求める。
こんなヤツが過去の認識においても、「日本は加害者、被害者の気持ちを考えて謝罪と賠償を」などと言っているんだから、もうお笑いのネタにもならない。

国民はコイツの「敗者復活を」という絶叫にだまされないでほしいと思います。

しかし、前回の選挙でこんな詐欺師の芝居に騙された人間が約71万人。
今回は社民党の比例名簿1位でもある。選挙区で票を得られなくても当選してしまうでしょう。
どんな顔で国会に出てくるんだろう。『ソーリ、ソーリ』と喚き散らす姿を想像するだけで嫌悪感を覚える。
社民党も犯罪者を1位に祭り上げるんだからなぁ・・。こんな良識の欠片すらない政党は早く消えてもらいたい。
[PR]
by bar-_-seven | 2005-08-19 12:20 | ニュース
靖国神社と日本人
夕べ放送されていたNHK番組『日本の、これから』。番組中何度か視聴者参加型のアンケートがありましたが、靖国問題に関するアンケートはヒドイものでした。選択肢が「他国に配慮すべき」「国内の問題である」「わからない」だったかと思いますが、結果は「国内の問題」が圧倒。しかし、司会者、出演者の一部はこの結果について、「他国に配慮すべきかどうかを国内で議論するという意味合いで国内問題と答えた人も多いのでしょう」などと、恣意的な解釈でまとめていました。普通ならこのようなアンケートは「他国に配慮すべきか」のYESorNOを問うものでなければならないはずですが、回答例になかったので、私は「配慮すべきでない」と言う意味で「国内の問題」に投票しました。そういう意図で投票した人の方が多いのではないでしょうか。後から考えて、そんな思惑を反映させないようにしたのか、一方的な解釈も可能な回答例を出していたNHKの姿勢に腹が立ちました。それを読めず投票した自分も少し情けなく思いましたけどね・・。他にも「友好な関係を築く為にはどちらが必要だと思うか⇒相手の主張を聞くべきor自分の主張をすべき」などとアホな質問を繰り返す始末。さすがに櫻井よし子女史が『この質問はおかしいです』と訴えていました。普通なら自己の主張、相手の主張は同列に考えるべきで、どちらかを選ばせる事自体ナンセンスです。まぁ、日本と中韓のこれまでの経緯を考えれば、あまりにも自己主張をせず、対等な関係になっていなかった事を考えれば、もう少し自己主張するべきだと思いますがね。集計結果で「自己主張」が断トツだった事を見れば、そういう自戒の意味で答えた人が多かったのだろうと思います。それにしても、こんなアンケート内容しか考えられないNHKですから、今後何かの機会でNHKによる世論調査の結果が発表されても、参考にしない方が良いでしょうね。

さて、昨日のエントリーでは、私が初めて靖国神社に参拝し、主に一般参拝者の視点から写真を撮り、記事にしたのですが、実際に見る靖国神社と、メディアの報道で見る靖国神社とではかなりの温度差がある事を改めて痛感しました。c0008823_3331374.jpg写真記事でも触れましたが、メディアが報道するのは参拝に訪れる政治家のみ。本当の主役である遺族や一般参拝者のことは報道しようとしません。私が参拝した時間では静岡、島根県の遺族会の方々が見られましたが、わざわざこの日の為に上京し、猛暑で倒れる人も多くいる中、ご高齢であるにもかかわらず参拝されました。本来ならこういったご遺族にこそメディアは焦点を当て、何故多くの日本人が靖国に行くのかを考えなければなりません。

靖国参拝の是非については様々な議論が交わされていますが、私は前回のエントリーの最後で「日本人だからこそ靖国神社に行くのだ」と締めくくりました。今回はその事について私なりの考えを述べたいと思います。
最大の理由は日本人の心の問題だからと言えるでしょう。慰霊の仕方や死生観はその国の宗教や文化、慣習に根付くものであり、他国にとやかく言われる筋合いは全くありません。神道という特定の宗教施設だからとおかしいと反論する方もいますが、靖国神社に訪れる人々が全て神道信者だからと言う理由で参拝されるのではないですよね。昨日の記事でも少し紹介しましたが、一般の方々が祈る姿を撮った写真があります。
c0008823_421819.jpg
参拝していたみなさんは、一応、ニ礼ニ拍手一礼の神道儀礼に乗っ取った形をとりますが、その後殆どの人がその後手を合わせて拝んでいました。神道形式であれば礼をした後、手を合わせて拝む必要はありません。手を合わせて拝むのは仏教形式ですよね。何故神社にお参りしているのに、仏教形式が出てくるのか。これは仏教も神道も日本人にとっては宗教というよりも、むしろ生活に根ざした慣習、文化の一部であり、特定の宗教であるという自覚すらなく、神道を宗教の枠組みで捉えていないという証拠ではないでしょうか。特に神道は特定の教義もはっきりしませんから布教という概念も見られないですし、教祖もいませんよね。

私達日本人は古来から自然界の得体の知れないもの――でかい岩や大きな木などに畏敬の念を覚え、これらには何かが宿っていると信じる精霊信仰――アメニズムを古来から持ち、様々な言い伝えや物語を産んできました。各地の伝説や昔話などにもそれが表れています。妖怪なんていう想像上の生物もそのひとつで、モノが長い時を経れば命を持って妖怪になるとか、沼とか湖にヌシがいるとかの考えは日本人が持つアメニズムによるものです。悪い妖怪だけではなく座敷童子のように恩恵をもたらす妖怪もいたり捉え方は様々です。洞窟や湖のヌシである龍神が村人の悪行に怒って災害をもたらしたなどという昔話も聞いた事があるでしょう。
八百万のカミといわれるように、どこにでもカミが宿ると思ってしまう感覚を持っているのが日本人です。カミは神=GODではなく、何か得体のしれない畏怖の対象を指し、全てが必ずしも崇拝される対象ではありません。中には逆賊として朝廷から討伐された平将門のタタリを恐れて慰霊、鎮魂の為に祭神として祀る神社もありますよね。私はこのようなアメニズムを土台にし、神話から儀式化したのが日本の神道であり、宗教というひとつの枠組みの中だけで捉える事はナンセンスだと思っています。

また、この神道が日本人の慣習として根付いている証拠に、七五三や厄年などの人生儀礼などもあります。自らを神道信者と意識して七五三参りする人はたぶん殆どいないと思いますし、行く理由に「昔からの習慣だから」と答える人が殆どでしょう。また、以前クイズ番組で見たのですが、ある自治体の青年会が山道のゴミ不法投棄に悩み、その現場に鳥居を描いた看板を設置したところ、ぴたりと不法投棄が無くなったとありました。これは日本人なら誰でも持つ感情を利用したものであり、犯人が神道信者だったから不法投棄がなくなったわけでないですよね。私も多くの日本人がそうであるように特定の宗教を信仰しているわけではないし、自称無宗教の人間ですが、神社の鳥居やお寺の墓地に唾を吐きかけるなんて行為は絶対出来ません。なんかバチがあたりそうですもん。
c0008823_15123315.jpgこの「バチがあたりそう」なんていう感情こそ、なんだか良くわからない、はっきりしない理由で畏怖の念を抱いてしまう日本人の文化慣習からくるもので、長い歴史で育んだ日本人の心と言えるものです。もうひとつ例を挙げれば、モノを粗末にする事になんとなく罪悪感を感じるけど、何に対して罪悪感を感じているのかハッキリしない気持ち――これは国連でも評価された日本の「勿体無い」という言葉に表れる日本人特有の心です。日本人が誇れる文化慣習であり、単にひとつの宗教観として捉えるのは浅はかすぎると思うのです。このような心を持つ日本人は他国の宗教文化も尊重する事が出来ますし、一神教イスラム原理主義タリバンがやったバーミヤンの石仏破壊などのような行為は日本人には出来ないものです。たとえ宗教観が違っても人が祀るものに対して畏敬の念を持ってしまうからです。

このような独自の文化慣習に基づいた日本人の感情は、他国の死生観と違って当然です。例え罪人でも、「安らかに眠ってください。祟らないでください」という鎮魂の意味合いとして祀ったりするのも、昔話に見られるように災害をもたらす、ある意味人間の敵とも言える化け物ですら、祀ってしまう感覚をもっているからこそです。死んでしまった人の魂は、自分達の想像の『上』をゆく世界に行ってしまうようで、なんとなく怖いような気持ちがしてしまう死生観。それが人間の手に届かない上にいるもの、「上=カミ」として畏怖の念を抱かせるのです。庶民が警察や政治家などを「お上」と呼ぶのも、こういった感情が基礎となった言葉です。

全く違う慣習を持った中国、韓国人に理解を得られるとは全く思わないですし、無理なことだと思っています。こういう「死ねばカミだからで祀らなきゃ」という感情は中国、韓国にはない文化ですし、罪人の墓は平気で暴き、末代まで唾を吐き続けてもいいとするように、日本人とは全く正反対の心を持っていますからね。
それに誤解も多すぎます。日本政府が積極的にパブリックディプロマシーを意識しなかった責任もありますが、靖国神社に墓や遺骨があるだの、A級戦犯合祀は戦犯を称える為だのと思い込んでいる節も多々あります。靖国神社は日本人の文化慣習に基づいた死生観が神道という形式になっているだけで、ただの慰霊の場所にすぎません。遺族はそこに死んだ人がいると信じており、ただ会いにいくだけなのです。また、国家神道として軍国主義の象徴とされていたからなどという理屈も言われますが、もともと民間の慣習から始まったものを国が利用しただけで、はじめから軍国主義の象徴で建てられた神社だった訳ではありません。戦後の占領政策で、あれだけ言論思想統制を敷き、戦後民主主義教育を徹底させていたGHQが、靖国神社を軍国主義の象徴と捉えていれば解体しない訳がないし、ただの宗教法人にして存続させたという事でも十分証明しています。これはGHQが日本人の文化慣習を良く研究し理解していたという事ですよね。また民間人が祀られていないからなんていう理由も聞きますが、これもナンセンスで祭祀の対象はそれぞれの神社が決める事、または決められている事です。我々がとやかく言う事ではないのです。

私が中韓に対して言いたいのはこれ以上靖国に構わないで欲しいという事だけです。たとえ死んだ者が罪人であろうとその遺族が魂に会いに行くのを許さないという感情は日本人は持っていません。死んだ人に対しては、いつまでも恨みを持たない民族、それが日本人。文化、心、慣習が違うのです。違うんだからしょうがないと寛大に受け止めていただきたい。「日本人って得体の知れないものを信じているバカな民族だ」として、無視してくれないものでしょうか。被害者と加害者の意識の違いを配慮しろなんて事も聞きますが、戦争で被害を受けたのは日本も同じです。世界で唯一原爆という悲惨で非人道的な兵器によって多数の死者が出ましたし、あの戦争では全世界の人が苦しい思いをしました。戦犯達は政治的責任を負って死刑になり、無に帰したではないですか。靖国はその魂の慰霊を日本人の文化慣習に基づいて行っているだけで、被害者の意識を逆撫でするためにしている訳ではないという事を理解してもらうほうが大事ではないでしょうか。イスラム圏でテロリズムが多発するのはイスラム教の教義が悪い。だからイスラム教を止めろと圧力をかけますか?そんなことはもうあのアメリカですらやりません。宗教や考え方はその国が長い歴史で育んだ文化の一つです。尊重した上で、どうしたら友好を築けるかを考えるのが、他国に対する礼儀ではないでしょうか。それに、自分達の国の文化や慣習を他国による干渉や圧力で変えるべきではないし、変える必要もありません。勿論、中韓の干渉、圧力がない状態で、日本人自身が勝手に配慮をして変える必要があるという声が大多数になっていたのであれば構わないと思いますが、そんな事にはならないでしょう。少なくとも私は日本人が長く育んてきた心を捨てる事はそう簡単に出来るはずがないと信じています。
c0008823_16164641.jpg

[PR]
by bar-_-seven | 2005-08-16 07:13 | ニュース
靖国神社に訪れる人々
本日は猛暑の中、靖国神社に参拝してきました。恥ずかしながら私は靖国神社に参拝するのは本日が初めてです。
度重なる中韓の靖国批判、国内でも賛否が分かれる靖国参拝問題。60回目の終戦記念日を迎える今日、靖国神社には一体どのような人が、どんな思いで訪れたのでしょうか。
メディアで報道される靖国と言えば、参拝しに訪れた政治家に「私的か公的か」と、政治的な質問ばかりで、一般の参拝者がクローズアップされる事は殆どありません。今日は私が初めて靖国神社に訪れ、何を感じ何を見てきたかを写真と共に紹介したいと思います。

c0008823_1617570.jpg
c0008823_16193218.jpg
    地下鉄東西線九段下駅を降り、地上へ出ると靖国神社へ向かう多くの人々が。
c0008823_16221637.jpg
                         大鳥居。デカイ。
c0008823_16242545.jpg

                  外国の方も多く見られる。
c0008823_162763.jpg

c0008823_16273866.jpg

  正午を迎え、黙祷を捧げる人々。天皇陛下のお言葉がスピーカーを通して流される。
c0008823_16301722.jpg
靖国神社20万参拝運動 終戦60年国民の集い特設テント。石原都知事他、数々の著名人が壇上で挨拶したらしい。
c0008823_163613.jpg

c0008823_16362770.jpg
                 神門が見えてくる。若者も多く見られる。
c0008823_1642493.jpg

                  神門前で人だかりが。 
c0008823_16433532.jpg
c0008823_1645512.jpg

                   正体はこれ。
c0008823_16455754.jpg

このおじいさん、毎年このような軍服で訪れるらしい。この猛暑の中背筋をピンと伸ばし、行進パフォーマンスをする姿に参拝者も大喜び。今年88歳との事。笑顔で記念撮影にも応じ、若い女性や男性が並んで記念撮影をしていた。汗だくで既にヘトヘトな自分が少し恥ずかしくなる。
c0008823_16543419.jpg

大手水舎。花崗岩で出来ており、重さは18トン。昭和15年、アメリカに暮らしていた日本人が奉納したもの。ここで手を清める。
c0008823_16573032.jpg

                大きな菊の紋がある神門をくぐる。
c0008823_1658585.jpg

         拝殿が見えてくる。すごい行列。一向に前に進む気配がない。
c0008823_1704588.jpg
c0008823_1723023.jpg

         とにかく行列がすごい。どれくらいの人が訪れているのだろう。
c0008823_1743521.jpg
c0008823_1745526.jpg
c0008823_176937.jpg
c0008823_177237.jpg

あまりの行列に拝殿へ上がるのを諦め、手前の門前で手を合わせる人々。二礼二拍手一礼で戦友、祖父、兄弟、様々な英霊達に哀悼の誠を捧げる。若い女性が印象的。
c0008823_17253075.jpg
c0008823_1726213.jpg

                    拝殿に献花し、祈る人々。
c0008823_1720407.jpg
c0008823_1722154.jpg

                     拝殿横の参集所。
c0008823_17294621.jpg

                    願掛けの札が並ぶ
c0008823_17382330.jpg
c0008823_17384543.jpg
c0008823_17392887.jpg
c0008823_17405482.jpg

           それぞれの願い。批判的なものや外国のものもある。
c0008823_17435539.jpg

                      国民全ての願い。
c0008823_17465766.jpg

         昇殿参拝される遺族会の方。全国から集まって参拝される。
c0008823_17485377.jpg

c0008823_1749142.jpg
遊就館に入る。入館料大人800円。中は撮影禁止だったので残念ながら写真はありません。見学者は高校生~20代の若者がかなり多い。今度混雑しない時にじっくり見てみたい。
c0008823_1753985.jpg
c0008823_17532339.jpg

              特攻勇士之像と母の像。花束捧げられている。
c0008823_17572960.jpg

      到着殿前に群がるマスコミ。マスコミはここを通る政治家にしか興味を持たない。
c0008823_17594583.jpg
c0008823_1803371.jpg
c0008823_182109.jpg
c0008823_183138.jpg

今日訪れた多くの人々が、それぞれの思いを胸にそれぞれの形で、私達子孫を護る為亡くなられた英霊達に哀悼の誠を捧げました。あの激動の時代に生まれ悲惨な体験をし、それを乗り越えようと努力してこられた先人、祖父祖母、遺族の方々にはただただ感謝するのみです。
 政争、外交の道具として靖国神社参拝の是非が問われている今、私たちは靖国の本当の姿をもう一度見つめなおし、考える必要があるのではないでしょうか。
A級戦犯合祀問題や政教分離問題等、数々の言掛かりとも言える攻撃を受ける靖国神社。
こういう問題は抜きにして、今日靖国神社に行き、多くの参拝者を見てきた私はふと感じました。
日本人だからこそ靖国神社に行くのだ―――と。
[PR]
by bar-_-seven | 2005-08-15 18:30 | ニュース
杉並区教科書採択日取材雑感
 昨日は23区で初めて、つくる会教科書が採択された記念すべき日でした。
つくる会副会長藤岡氏が採択後のインタビューでも答えていたように、反対派の常軌を逸した異常な圧力の中で採択されたと言う事にこそ意義があり、中韓による言われ無き内政干渉に歯止めをかける小さな一歩となったかも知れません。
 しかし、『つくる会教科書採択に反対する杉並親の会』を筆頭とする反対派らは、採択に抗議、弾劾するとし、撤回を求める運動をこれからも続けていくとの事です。中核派系政治団体『都革新』事務局長の北島邦彦(前回の採択日に暴力沙汰をおこし逮捕された人物)が、「絶対撤回させる!!」と息巻いていましたが、やはり中国の共産主義体制と同じく、自分の都合の悪い事は絶対に認めないという姿勢が見て取れ、反対派の徹底した思想に恐怖すら感じます。きっとこれからも数々の嫌がらせFAXや電話、メールが杉並区役所に届くと思われます。一度決定された採択が圧力によって覆るような事態が再び無きよう切に願っております。
c0008823_1949571.jpg

 昨日は現場に赴いてレポートしたわけですが、区役所前に集まった反対勢力を実際自分の目で見てみれば、メディアの報道に対してほんと違和感を感じますねぇ。
 だって反対派の参加者は左翼団体で名前の知られるものばかりですよ。動労千葉とか部落解放同盟全国連合会とか。親の会も過激派で名高い中核派ですし、全てに通じるのは共産主義者って事。決して一般市民ではありません。もう政治運動を数多くこなしてきたプロですから、街宣を聞いていてもホントまとまって息が合っているのがわかります。
「シュプレヒコーー-ル!つくる会教科書の採択を絶対撤回させるぞーー!」
と一人がマイクで声をあげれば
「つくる会教科書の採択を絶対撤回させるぞーーっ!」
とみんなが右手を上げてそれに続く。プラカードやビラ、のぼり等、キレイに印刷されたものが用意されていました。それに比べて、つくる会賛成派は青いのぼり一種と「採択してください」の横断幕がひとつ。何も知らない人から見れば、反対派の方が多数に見えますよ、きっと。
賛成派も街宣を行っていましたが、反対派の街宣オバサンの甲高い声で良く聞こえなかったのが印象に残っています。やっぱ女性の方が声が通りますねぇ。

c0008823_20482397.jpgその中で一番の一般市民だったと言えるのはやっぱりネットで集まった2ちゃんねらー達ではないでしょうか。別に参加を強制されたわけでもなく、自分の意思で判断してきたものばかりです。
勿論、のぼりやビラなどはなく、各々が考え自作した手作りのものばかり。スケッチブックに手書きして掲げたり、キレイに印刷したものかと思えば裏はダンボールで商品名も丸見えのプラカード。昨日貰ったひみつ結社のシールもコピー用紙に印刷した裏に両面テープを貼りハサミで切ったと思われるもので、キレイな円ではなく手作り感があってなんだか暖かい気持ちになりました。
参加した2ちゃんねらーに共通して配られたものは差し入れのうまい棒くらいでしょうか。
書かれている言葉も、『右も左もあるものか。僕らが見るのは常に前』とか『冷やし中核はじめました』等々、他にも昨日のレポ写真で紹介したような、ひとつの思想を押し出すものではなく、ユーモアのあるものばかり。
『扶桑社教科書を採択せよ!』などと主張したものは殆ど見られず、反対派の圧力に対して『それはおかしいぞ!』と異議を唱えるものばかりでした。
放送はされませんでしたが、メディアに取材された2ちゃんねらーの言葉に表れています。

『僕らは扶桑社教科書に反対でも賛成でもない。でも、特定の教科書だけを攻撃する反対派はおかしいと思う』

c0008823_20493077.jpg私が一番印象に残っていたのは、『特定の教科書への私刑リンチはゆるさない(だっけな?)』と書かれていたスケッチブックを持っていた青年です。多くの2ちゃんねらーは一箇所に集まって会話をしたりしていましたが、彼は少し離れた場所で一人スケッチブックを頭上に掲げていました。彼は採択が決定した後、午後1時過ぎくらいに私に「そろそろ帰ります。スケッチブック使いますか?」と声を掛けてくれました。私もすぐ帰る予定でしたのでお断りしましたが、その後彼は一人で帰っていきました。彼は私が到着した9:30には既にいましたから、4時間以上は一人でずっと手書きのスケッチブックを掲げていたんでしょうね。大学生くらいに見える真面目そうな好青年でした。この場でもう一度言っておきたいと思います。
「お疲れ様でした」

2ちゃんねらーと言えば、よくオタクだとかヒキコモリだとか、掲示板の書き込み内容も誹謗中傷的なものもあって悪いイメージで見られがちですが、昨日自分の意思で参加し、それぞれが考え自作したプラカードを掲げ、採択に喜び、帰宅して日常に戻っていった2ちゃんねらーを見れば、そんなイメージはなくなっちゃいますね。教科書の採択なんて、普通の若者であれば殆ど関心なんて持ちませんし、私も恥ずかしい話、学生の頃は遊んでばかりでしたので、政治的なものに関心を持ったのはつい最近のことです。

c0008823_21301171.jpgインターネットが普及し様々な情報が手に入る今、これまでさほど関心を持たれなかったもの――特に教科書問題や中韓の反日圧力、日本国内の左翼勢力による反日自虐運動の本質が暴露され、それに違和感を感じる者が確実に増えてきています。昨日参加した2ちゃんねらー達を見てもそれは感じられますし、左翼勢力がそれらを『ネット右翼』と呼称し、忌み嫌う状況が出てきている事を見れば、これまで中韓の言いなりになり日本の文化や主権さえ主張出来なかった日本人のこれまでの状況が少しずつ変わっていくように思えます。特に大東亜戦争においての旧日本軍の行動をほんの少しでも肯定する事はタブー視され、実際あった事実を歴史教育の場から抹消しようとする動きは、日本人が日本の歴史を学ぶ事においてマイナス要素にしかなりえず、正しい歴史を学ぶ事は出来ないと思います。
扶桑社教科書を読んでみれば、ある一定の歴史観にとらわれない客観的な記述がされ、日本人が日本人の文化や歴史を学ぶと言う面でも、教科書としては一番相応しいと自分は感じます。

反対派は、『戦争賛美だ』『子供を戦争に導く教科書だ』と訴えていますが、どこにそんな記述がされているのか明確にしていません。
『戦争に向かう教科書』として扶桑社教科書採択に反対した杉並区教育委員の安本ゆみ氏が、それに異議を唱えるつくる会の公開質問状に対して出した回答が、「行間からそう読み取れる」ですから、ある一定の思想にとらわれた見方でしか判断していないのか、妄想と現実を混同してしまうのか、または文字のない行間から戦争賛美という記述を見る事の出来る、普通の人間にはない能力をもった人物なのかはわかりませんが、反対派の理由が裏付けの全くないものだったという事が露呈されました。いずれにしても安本ゆみ氏は一度病院に行って検査された方が良いのではないしょうか。少し心配です。
「2ちゃんねらーにおちょくられた」と言った反対派の人間も、なんでおちょくられたのか自分を振り返ってみて理由を考えてみては如何でしょうか。本当に正しい事をしていればおちょくられる事は普通ないですしね。
まぁ、自分は絶対正しいと確信犯的に反対運動をしている連中ですから、何を言っても理解出来ないでしょうが、自らを客観視出来ずに一定の情報だけ信じきってしまう事は、麻原を信じて大量殺人まで行ったオウム信者となんら変わりなく恐ろしい結果を導く事になりかねません。はやくその事に気付いて欲しいものです。
自分と意見の違うものは徹底的に排除するのではなく、何故意見の違うものが採用されたのか、その理由を深く考えていただきたい。
その上で、『国家権力の陰謀』だの『不法な圧力が掛かっていた』だのと根拠のない主張をまだ繰り返すのであればもう社会から見捨てられますよ。(あ、もう見捨てられてました?)

さて、このような細かい情報まではメディアでは報道されず、インターネットの中だけでしか知る事が出来ません。
これまでは新聞、テレビなどの報道は正しい情報だけが流されていると信じられてきましたが、インターネットの膨大な情報量と比較すれば、ほんの僅かな情報しか流されていないのが良くわかります。中には朝日の珊瑚事件やNHK介入問題のような捏造報道すらありますので、注意しなくてはなりません。勿論ネット内でも根拠のない伝聞やニセ情報も数多くありますから、最終的に問われるのは各々のメディアリテラシー能力である事は間違いありませんね。

長くなりましたが最後に。
昨日のレポートをアップしてからアクセスが物凄い事に・・。1日約150件アクセスだったマニアックなブログですが、昨日のレポートから現在まで約8,000件のアクセスがありました。
この一件の関心の高さを知る事が出来ましたし、2ちゃんねるを通して多くの人が訪れた事に正直驚いています。すごすぎる・・。数多くのトラックバックやリンク、ご紹介も頂き、ありがとうございました。勿論、当方のブログはリンクフリーで、転載も自由です。写真もバンバンつかっちゃって下さい。昨日あった出来事や情報を数多くの人が共有出来るのであれば大歓迎です。
[PR]
by bar-_-seven | 2005-08-13 22:51 | ニュース
反対派VS2ちゃんねらー
本日、杉並区教育委員会による、中学校教科書の採択が行われましたので、取材に行ってきました。
杉並区といえば、「つくる会」教科書反対派が「扶桑社教科書採択阻止運動の天王山」と位置づけているように、反対派の団体が朝から杉並区役所前に押し寄せていました。
今日はその現場写真を。
c0008823_1423454.jpg
          9時半到着。すでに多くの反対派、賛成派が集まっていました。
c0008823_1425429.jpg
               反対派
c0008823_14261379.jpg
              賛成派
c0008823_14263782.jpg
              反対派と賛成派が仲良く並んでいる図
c0008823_14265888.jpg
              2ちゃんねらーも集まってきました。うまい棒をもらう。
c0008823_14274511.jpg
              ひみつ結社(笑)のシールも貰いました。
c0008823_14305232.jpg

c0008823_1432562.jpg
               10:45頃、KBSの取材を受ける2ちゃんねらー。
c0008823_14325987.jpg
11:48 反対派の一人と一般の人?が口論になり、警察に抑えられる反対派。めちゃくちゃ怒鳴ってて怖い・・。やっぱ過激派だけありますね。
c0008823_1436627.jpg

c0008823_14363352.jpg
続々と集結する2ちゃんねらー。50人以上は集まってました。「つくる会教科書に反対する親の会」が中核派の関連団体と知っている2ちゃんねらー達。
路上で冷やし中華を食べながら「冷やし中華食(中核)いませんかー?」(笑)
また、反対派が配るビラの横で、『いらないビラ、ゴミ回収いたしマス』と声を上げ、路上のゴミを拾い集めるものも。
各々が考えたユーモアで対抗する2ちゃんねらー達。
年齢層も様々で、中学生から中年の人、老若男女問わず自主的に参加した人達を見ると、日本もまだまだ捨てたもんじゃないなぁ~と。
一箇所に固まる2ちゃんねらーもいれば、合流するのは少し恥ずかしいのか、遠くでうまい棒を持ちながら一人たたずむ女の子もいました。
こういった人も含めれば、かなりの数が集まったのではないでしょうか。


そして12時すぎ・・運命の採択結果が・・。
結果は、扶桑社教科書!大歓声と共に、取材陣も殺到。

c0008823_1438202.jpg

c0008823_14411495.jpg

c0008823_14421282.jpg
                「勝訴」にマジウケ(笑)
c0008823_14424027.jpg

          取材を受ける2ちゃんねらー。採択に沸く2ちゃんねらー。
c0008823_14442723.jpg

c0008823_14491512.jpg
                メディアから取材を受けるつくる会藤岡氏
c0008823_14465831.jpg
      それに紛れてしっかり最前列で生中継(ネットラジオ)をする2ちゃんねらー。
c0008823_14512223.jpg

c0008823_14514076.jpg
韓国のKBSが一番2ちゃんねらーに取材していました。どうせ、「ネットでの右傾化」とかキャプションがつくんだろうなぁ。
c0008823_1457756.jpg

c0008823_14572191.jpg

反対派(勿論賛成派もそうですが)所謂プロ市民と呼ばれる、政治運動や市民活動を数多くこなしてきた人ばかりでなく、これらの動きをネットで知った一般人が数多く集まり、声をあげた事は大変意義のある事だと思います。
メディアでは、反対派ばかりが取り上げられ、如何にも「つくる会教科書反対」の声が多数かのように流されがちですが、今日取材して見れば反対派がごく一部の思想団体の声だけだと言う事がよくわかりました。なんてったって統率取れすぎです。もう本職なんでしょうね。とても一般市民の声とは思えない。
2ちゃんねらーと共に行動し取材をしてきたわけですが、反対派の横でたたずんでいると、すぐ怒鳴りつけてくるんですよねぇ・・。
『てめぇら、どっか行け!!』とか『何してんだこんなトコで!!』とか凄んでくる反対派。
過激派な一面を垣間見たような気がしました。普通に立って見学してただけなのに・・。
声を荒げ一般通行人にまで凄む反対派が、警察に止められるシーンも3,4件目撃しました。

c0008823_15192222.jpg採択が決定された後も、反対派はシュプレヒコールを繰り返し、「採択取り消し」を叫んでいます。
これからも杉並区教育委員会への嫌がらせも数多くあるでしょう。
民主主義に基づいた公正な採択が下された訳ですから、不当な圧力に負けないで頂きたいと思います。
それでは最後に、『おまいらさいこーだった!乙』



扶桑社教科書、杉並区も採択 東京23区で初

自治体最大 2100人使用
 東京都杉並区教委は十二日の臨時教育委員会で、区立中二十三校と区立済美養護学校中学部で来春から四年間使用する歴史教科書として、新しい歴史教科書をつくる会のメンバーらが執筆した扶桑社の教科書を採択した。来年度の一年生約二千百人が使用し、自治体としては最大数となる。東京二十三区での採択は初めて。
 杉並区教委の採択審議は四日に行われたが、歴史の採択で意見がまとまらず、公民、地理、地図とともに継続審議になっていた。再審議では五人の教育委員のうち、納富善朗教育長、大蔵雄之助委員(東洋大教授、元TBS報道局長)、宮坂公夫委員(幼稚園園長)が扶桑社を支持、丸田頼一委員長(千葉大名誉教授)と安本ゆみ委員(元杉並区立小PTA連合協議会会長)が他社を推し、扶桑社に決まった。公民は大阪書籍が選ばれた。
 扶桑社の教科書は栃木県大田原市が市区町村で初めて採択。東京では都立の中高一貫四校、ろう・養護学校二十一校や私立の玉川学園中などが採択しているが、市区町村立中での採択はこれまでなかった。
 区役所には過激派の中核派が支援する「『つくる会』の教科書採択に反対する杉並親の会」共産党と友好関係にある「杉並の教育を考えるみんなの会」の活動家ら反対勢力のほか、扶桑社教科書を支持する人たちやインターネット掲示板「2ちゃんねる」の呼びかけで集まったグループなど計約千百五十人(警視庁調べ)が詰めかけ、騒然とした雰囲気の中で審議が行われた。
≪愛媛の採択仮差し止め却下 松山地裁「申し立て憤慨に過ぎぬ」≫
 松山地裁は十二日までに、中高一貫校など愛媛県立学校への中学校用教科書の採択から、扶桑社版歴史・公民教科書を排除するよう求めた市民活動家らの仮差し止め申し立てについて、「申立人らの歴史観、信念と異なる教科書を採用されることに対する憤慨に過ぎない」として却下した。愛媛県の一連の教科書裁判で司法判断が示されたのは初めてで、全国で作業が進む教科書採択にも影響を与えそうだ。
 県教委などを相手取り、教科書採択の無効確認訴訟などを起こしている「えひめ教科書裁判を支える会」のメンバーら県内の七人が、今月二日に「同教科書が公立学校で使用されれば、アジア地域の人々に耐え難い精神的苦痛を与える」と差し止めを求めていた。
 同申し立ての本訴に当たる扶桑社版教科書の採択からの排除を求める訴訟は、まだ期日が決まっていない。
(産経新聞) - 8月12日15時17分更新

[PR]
by bar-_-seven | 2005-08-12 15:48 | ニュース
DJラオウ
DJラオウ―――ご存知でしょうか。会社の人から教えてもらったこの番組。ちょっと面白すぎます。
ギネス級マシン『北斗の拳』、パチスロ好きなら打った事ない人って殆どいないでしょうね。最近ではパチンコでも出ましたし。
勿論、打った事のない人にも原作北斗の拳を知っていれば十分楽しめる番組です。

作者はトロさん。サラリーマンスロッターとの事ですが、こんな面白い番組つくるなんてすごい・・。

現在DJラオウの番組『GO!SHOW!Hah!』は第三回まで作られています。
他にも沢山面白FLASHがあって楽しめますよ!

トロさんのHPはこちら。DJラオウシリーズはパチスロFLASHコーナーにて。

DJラオウ、必見(必聴?)ですよ!!

c0008823_21575328.gif

[PR]
by bar-_-seven | 2005-08-08 21:59 | おもしろネタ
スロットバトン
アメブロ『サイドとか・・・』のherculesさんより、スロットバトンなるものをまわして頂きました。

さっそく答えてみましょう~。

まずは、テンプレ。


           ========テンプレ=========

           1.人生一番大勝した金額及びその機種

           2.今、メインで打っている台

           3.最後に勝った台のボーナスの入り方

           4.よく打つ、または特別な思い入れのある台、5つ

           5.バトンを渡す人5人

           =====================

1.私の場合は『獣王』かなぁ。設定6ではなかったのですが(たぶん設定4)、高確率中のハズレのヒキやBIGのヒキがその日は尋常ではなく、サバチャンの嵐。連チャンは3連とか5連とかしかしてなかったのに、初当たりサバチャンが多かったんですよねー。スゴカッタ。
1000円で25万円くらい勝った気がします。
2万枚とか5万枚出す人にはかないませんね・・。そんな神がかりな運は私にはございませぬ。

2.今メインで打っているという感じではないんですが、北斗を打つ時が多いです。
鬼浜も好きなんですが、あんまり勝てないし。
ま、基本的に色んな台を打ちますねー。色々打って何が面白いのかを研究してます。

3.最近なんだろ。やっぱ北斗でしょうか。ふつーに2チェから数プレイ後にアミバ勝利だったような気が・・。つまんなくてスイマセン。

4.たくさんありますが、打ち込んだ時間が長かった機種を。

B-MAX
パチスロで一万枚出るなんて、それまでのパチスロとは次元の違いを思い知らされた機種です。BB中の技術介入性の高さ、ビタ押しの緊張感、左リールどの位置からでも出る秀逸で多様なリーチ目。初の万枚を体験した機種でもあり、思い出深いです。

クランキーコンドル
技術介入性を世に広めた機種ですね。
この頃から一気にパチスロを打つ若い人が増えたように思えます。またこんな時代に戻って欲しいなぁ・・。

ニューパルサー
言わずと知れた4号機初期、超ヒットした機種ですね。入ってないお店を探すのが大変なくらい。カエル揃いがBIGと聞いて衝撃だった時代です。知り合いのスロッターもカエルを揃えたくてウズウズしてたなー(笑)。コンチネンタルの『BAR-BAR-7』でBIGも衝撃でしたが、ニューパルサーではリーチ目に。またFM音源を使い、BB中BGMという概念を持たせたのもこの機種からでしょうね。ゲチェナもコイツが元祖でしたね。

5.バトンを渡す人、5人。
5人無理!!!!(o`д`o)
こういったバトンなら業界の人に渡すのが一番だろうって事で、早くもエキサイトから逸脱し、パチブログのパット田中さんに。

ちょびっとコメントやり取りした程度ですが、お知り会いの業界人の方へ繋げてください。スミマセン。
[PR]
by bar-_-seven | 2005-08-08 13:49 | パチンコ・パチスロ