BAK-NEWS
baknews.exblog.jp

パチンコ・パチスロの様々な事情。アジア情勢、ニュース論評など、真面目じゃない筆者が好き勝手に書くブログ。
このブログについて。
パチスロ企画開発に従事するパチバカ人間のブログです。

ニュース記事もたまーにやりますが、流して下さいませ。

パチンコ・パチスロに係る質問があればお気軽にどうぞ。
↓パチ関連特化Blogはこちら↓   ◆パチブロ!BAK-NEWS◆



      ◆お知らせ◆
TB、コメントは基本的に自由です。
しかし、商業目的や、公序良俗に反したものは、削除させていただく事があります。

※以下が削除対象となります。

・攻略法等を煽る物
・アダルト系サイトに誘導する物
・その他記事とは全く関係のない商業目的と思われる物
カテゴリ
最新のトラックバック
パチンコ必勝法
from パチンコ必勝法
パチンコ必勝法
from パチンコ必勝法
北斗のクレヨンしんちゃん..
from nanameme
パチスロ 攻略
from ギャンブル総合サイト 「ga..
永田議員電子メール問題
from woody経済新聞
「電車を停めない」=「死..
from 入試過去問と著作権を考えるb..
小泉改革と事件無関係 ラ..
from 妄想to悪口
コレは笑っちゃイカンので..
from パチンコ業界 ウラの裏はオモ..
特許侵害だ!120億円!
from パチンコ業界 ウラの裏はオモ..
ビザって10回ゆってみ。
from 市川電蔵事務所
バカにつける薬無し
from いつもゴロゴロダラダラ
日中、日韓首脳会談「日本..
from ぱっとんな日々
前原代表、GJ発言続く。..
from 理性と狂気の境界
前原代表、支那に拒絶され..
from 理性と狂気の境界
君が代日の丸反対派の嘘その1
from ニッポンのこれから
・左派団体から中学校に届..
from アジアの真実
私的実験室
from 私的実験室
2005-11-25 S..
from mySCRAP
親日
from Blog jet city
日本領竹島(独島)に展望..
from マスコミが伝えない 韓国
お気に入りブログ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧
子供を守ろう
c0008823_10531538.jpg全日遊連が制作しているポスターです。
一定の努力はしていても、毎年無責任な親のせいで死ぬ子供が出てしまいます。
業界の健全化は不正防止だけでなく、こういった事故を完全に無くす為、やはりCMとかもっと幅広くアピール出来る手段を考えて欲しいものです。
以下は全日遊連HPから引用。

お客様へお願いします

幼い命を車内放置事故から守りましょう!

全日遊連の全国各ホールでは、駐車場の車内に幼児が放置されて熱中症で亡くなられたり、親御さんが目を離した隙に事故に遭われるような痛ましい事故を根絶するため、お子様連れでのご来店を固くお断りしています。
また、こうした幼児の事故防止の取組みの一環として、事故防止ポスターの掲示、店内アナウンスによる注意喚起、ホールスタッフによる駐車場の定期的な巡回などを実施しています。

車内に残されたお子様を見かけたら至急通報を!

次代を担う幼い命を、こうした悲しい事故から守るためにも、お客様がお車でホールに来場された際、またお帰りの際に、駐車場内やその周辺で、車内に放置されたお子様を見かけましたら、至急、ホールまたは警察署への通報をお願いします。
幼児の車内放置事故根絶のため、皆様のご理解とご協力をお願いします。

車内放置は「児童虐待」です!

日本では「児童虐待の防止等に関する法律」(平成12年法律第82号)において、
「保護者(親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に監護するものをいう。以下同じ。)がその監護する児童(18歳に満たない者をいう。以下同じ。)に対し、次に掲げる行為をすること」(第2条)
と定義され、その行為として
「児童のを長時間の放置することや、保護者としての監護を著しく怠ること」(第3項)があげられています。

児童を車内のみならず、自宅などに放置することも、この法律に抵触する「児童虐待」にほかなりません。

また、同法律においては、
「発見した者全てが児童相談所等に通報の義務がある(第5条)」
とも定められています。

ホール駐車場における車内放置を含め、「児童虐待」を発見された際は、各児童相談所、もしくは警察に通報してください。

[PR]
by bar-_-seven | 2005-06-30 10:53 | パチンコ・パチスロ
毎年頭にくる恒例ニュース
車に1歳児放置、熱中症死=パチスロ5時間の両親を書類送検-熊本
 
パチンコ店に駐車した車に1歳2カ月の長男を約5時間放置し、熱中症で死亡させたとして、熊本県警東署は28日、熊本市在住の父親(28)と母親(21)=いずれも無職=を重過失致死容疑で書類送検した。
 調べに対し、母親は「午前中は曇りだったので時々見に行けば平気と思ったが、熱中してしまい見に行けなかった」と話しているという。 
(時事通信) - 6月28日19時1分更新


暑い時期になってくると恒例のように報道されるこのニュース。
毎年毎年報道されていて見ているはずなのに、この手のバカ親はなんで気付かないんだろうか?
『曇りだったから』とか『時々見に行けば大丈夫』とか安易に考えすぎ。
そもそも子供を守るのは親の義務のはずなのに、車に放置する時点で親失格でしょう。

こういったバカ親のせいで、いかにもパチンコ業界自体に責任があるような報道もされたりする始末。どう考えても、責任は親にあってパチンコ店にはないですよ。
それでもこの手の事件はあとをたたないので、暑い時期になると駐車場に止めてある車を一時間毎に1台ずつチェックするホールもあります。

こんなバカ親に子供に対する責任感を芽生えさせる良い方法はないのでしょうか・・。
[PR]
by bar-_-seven | 2005-06-29 15:23 | パチンコ・パチスロ
全日遊連理事長の店 風適法違反容疑で捜索
全日遊連理事長おひざ元の店舗 不正パチスロ?摘発

警視庁 電子回路改変台を押収
 全国約一万六千店が加盟するパチンコ店経営者の業界団体「全日本遊技事業協同組合連合会」(全日遊連)の山田茂則理事長(62)が事実上経営する店が五月下旬、風営適正化法違反(遊技機の無承認変更)容疑で警視庁の捜索を受け、違反の疑いがあるパチスロ機を押収されていたことが二十六日、分かった。山田理事長は違反撲滅を全国の会員に呼びかけてきた立場で、違反が横行する業界の体質が改めて問われそうだ。
 関係者によると、捜索を受けたのは、山田理事長が代表者になっている法人が運営する東京都葛飾区の店舗。また、別法人が運営する埼玉県内の七店舗も、同じ日に埼玉県警の立ち入り検査を受けた。
 都内の店ではパチスロ機四台に電子回路を不正改変していた疑いが見つかり、警視庁保安課が台を押収して鑑定を進めている。
 同法は、都道府県の公安委員会の承認を受けずに台を改変し機能を変更することを禁止している。違反が確認された場合、営業停止などの行政処分のほか、悪質な場合は刑事責任が問われる。
 全日遊連は二十日、事態を受けて緊急の全国執行部会を開き、山田理事長が経過を説明して陳謝した。


27日の産経新聞に掲載された、業界の不正防止、健全化を目指す全日遊連トップの経営するホールが風適法違反容疑で捜索を受けたというニュース。
『電子回路を不正改変』したと見れば、『遠隔操作か?』などと悪い方向に考えてしまいがちですが、たぶん吉宗(別の機種の可能性もあり)のゴト対策部品の事だと思われます。
ゴト対策と聞けば不正防止ならいいんじゃないの?と普通なら思ってしまうかも知れませんが、ホールに設置されている遊技機は全て警察庁の承認を受けているもので、その内容を勝手に変更する事は出来ません。変更するのならば警察庁の承認を得なければなりませんが、これには時間がかかります。

しかしゴト対策部品など、緊急避難的に承認を得ないで取り付けるホールは数多くあります。
これらのホールは全て風適法違反になってしまうわけです。
『不正を防ぐものだし、一般のお客さんのためでもある』
こういってなし崩し的に無承認変更しているお店が多いことに警察庁が痺れを切らしたのかも知れません。

警察庁がわざわざ全日遊連トップの店を挙げたのは、こういったホールに対し『無承認変更は法律違反である』という事を再認識させ、事前承認を徹底させようという目的と、5号機時代に突入すれば、不正機(Bモノ)が蔓延る危険性を承知していて、5号機の適合が出始めたこの時期だからこそ『これからはどんな不正も許さない。いつでも取り締まるぞ』という強いアピールもあるのかも知れません。
全日遊連トップと言えば全国のホール組合のトップ。ある意味警察庁と直接かかわる事の多い組合の代表ですから、懇意にしている警察関係者も多いと思います。
その上でのニュースですから、業界内でもかなりの反響がありましたし、警察庁の意思方針、本気度を強く受け止める機会になったのではないでしょうか。

警察庁としては全国16000店以上あるホールを片っ端から取り締まりの対象とすればキリがありませんから、そのトップを『見せしめ』として取り締まる事で、他店に不正防止を強くアピールする事ができる常套手段を使ったという事ですね。
この業界、風適法の枠内で存在する以上、やっぱり警察庁には絶対に逆らえません。

それにしてもこのニュース。不正は不正に違いませんが、一般のファンにはあらぬ誤解を招きかねません。
業界の健全化を目的とする全日遊連山田理事長には猛省して頂き、今後このような失態がないようにして頂かないと、業界全体のマイナスイメージに繋がります。
例えゴト対策でも無承認変更は違法ですから、『不正行為』と書かれてもしょうがないですね。
[PR]
by bar-_-seven | 2005-06-29 15:02 | パチンコ・パチスロ
先にやる事はないのか?
実名でのネット活用促す 総務省「悪の温床」化防止
総務省は27日、自殺サイトなど「有害情報の温床」ともいわれるインターネットを健全に利用するために、ネットが持つ匿名性を排除し、実名でのネット利用を促す取り組みに着手する方針を固めた。匿名性が低いとされるブログ(日記風サイト)やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)を小中学校の教育で活用するよう求め、文部科学省などと具体策を詰める。
 今週初めに発表する総務省の「情報フロンティア研究会」の最終報告書に盛り込む。
 国内のネット人口は増加する一方だが、匿名性が高いために自殺サイトの増殖や爆弾の作製方法がネットに公開されるなど、犯罪につながる有害情報があふれている。総務省はそうしたマイナス面を排除し、ネットを経済社会の発展につなげていくためには、実名でのネット使用を推進し、信頼性を高めることが不可欠と判断した。

実名でのネット活用を促すって、具体的にどうするのかよくわからないんですが、ネット利用する為には実名晒さなきゃいけないって事?・・・意味不明です。
「爆弾の作り方サイト」や「自殺幇助サイト」へのアクセスを規制するとか、プロバイダーにチェックさせるとか、まずはそっちが先なんじゃないのかなぁ?そういった手間を省きたいだけなんじゃないの?
無害なサイトやその利用者にもとばっちりがきそう。
まぁ、無害か有害かの線引きは難しそうだけどさ。
[PR]
by bar-_-seven | 2005-06-27 18:03 | ニュース
スキン変更
気分転換にスキンを変更してみました。

萌えスキンで萌えてください。

『リオデカーニバル』(ネット)パネルスキンです。

何気にネットのウリは『萌えスロ』で定着してきたような・・。秋葉原のホールでは大量導入しているらしいです。(笑)
[PR]
by bar-_-seven | 2005-06-27 15:39 | 日記
今月の成果
成果なんてタイトルだけど、収支ではありません・・。
パチスロって一人で打ちに行くのが基本なんだろうけど、自分は知り合いとかとワイワイ楽しく打つのが好きなんです。
「リプ三連あちーー!」とか「レインボーオーラで単発イタターー!」とか、一喜一憂しながら打つのが好き。負けたとしても楽しければOKなんですわ。
でも、一人打ちの時はせっかくプレミアムが出ても、感動を分かち合う人がいないので写メ撮っちゃったりしてるのです。なんたって自他ともに認めるパチ馬鹿ですから。

c0008823_21242171.jpg
c0008823_21292723.jpg
会社の近くにあるホールに入った再販ゴールドXR。PGG引きたさにちょくちょくやるが、未だに引けず・・。
30分でSGG二回とかは引いてるのになぁ。
おじちゃんおばちゃんが多い店のお陰か、初当たりゴッドゲームが10Gって事もしばしば。(泣
こんなの打ってるから今月は収支がないんだろなー。


c0008823_213081.jpg稼動良好人気機種『鬼浜』。相性悪すぎです。
引いてもバケ、連チャン中もバケ、ハマってバケ・・・ううう。
ホールさんにとってはホント優良台なんだろうけどね。



     最近のお気に入りは『パチスロ海物語』

c0008823_21322522.jpg

c0008823_21324671.jpg
初めて打った日に一撃9000枚もの猛爆も体験し、相性も良いみたい。
初当たりからの連チャン率に設定差が顕著に出るのも良いところ。でも人気はイマイチ、稼動はイマイチなんだよねぇ。ハマリがキツイ分敬遠されがち。
連チャン率の高い台で500回転くらい回っている台を狙って打ってます。出玉速度も申し分ないし、吉宗とかで一発狙うより安定してる気がします。
下の写真はMAX711枚GET記念。


c0008823_21401894.jpgc0008823_21403799.jpg5号機が市場に出回るようになれば、検定の切れる4号機の撤去時期も検討されてくるはず。
北斗だっていつ「外せ」って事になるか・・。


みなし機撤去の問題は難しいところだけど、社会的不適合機の大撤去とかもあったしなぁ。
今のうちに4号機を堪能しとかなきゃね。
[PR]
by bar-_-seven | 2005-06-25 22:04 | パチンコ・パチスロ
攻略法
最近、電車の中でも多いですね。
『○○攻略打法』だの『ボーナス直撃打法』っての。
一昔前と比べると、市民権を得たというか、アングラなイメージであったものが、堂々と広告を出しているってのは、なんか不思議な感じがします。

たしかに攻略法といえるものも昔からありましたが、広告に出ているものは全て新機種、人気機種に対応(笑)
そんなに出てちゃ、そもそもこの業界成り立ちませんって。

機械をつくる側としても、万が一にでも金銭にかかわる不具合を出してしまえば、一番失ってはならない信用がなくなります。
想定していないバグが出てしまったら・・。それが出率を左右する重要な部分であれば致命的です。ですから試作品のデバッグ作業は一番重要で時間もかかる部分です。

それでも、何かしらのバグが出てしまう場合は確かにありました。
でも、そんなのはホントに稀な事で、新台が出る毎に攻略法も出てくるなんてありえませんよ。
それに、ホントに効果のある攻略法なら、お店もすぐ察知して撤去、または島閉鎖するのが普通です。
例えば北斗で、万人が簡単に出来る『本物の攻略法』があり、効果も抜群なのであれば、今の市場に北斗は置いてないでしょうしね。

実際にあった攻略法で私が実践出来たものをサラっとあげてみましょう。

①ユニ系セット打法(清算ボタンを使うやつ)→ゲーセンで実践(笑)すごい効果でした。

②『ドリームセブンJr』→BB中にBBを揃えてしまう攻略法。BIG1回で500枚取れる。対策されている店が殆どだったが、古い台では対策部品自体が故障等で外されていたりして出来ました。ホーム店で目立つ事はしたくなかったので、たまーにしかやりませんでしたけどね。

③『コンチネンタルII』→チェリー抜き打法。1枚づつ増やすやつ。店員に怒られてヤメ(笑)

④『コア』→小役をビタ押しによりダブル揃いで取れ、ベースアップ&BIG中の枚数アップ。
かなりダルイ。設定1でも勝てる計算でしたが、コツコツ型かなぁ。

⑤『サムライスピリッツ』→SBIG変換打法。BIG引けなきゃ意味無し。それでも効果はあり。

⑥『クレイジーレーサー』→ボーナス後スーパーAT(次回ボーナスまで)をセットし延々とコインを増やす打法。夕方から4人で実践、2万枚超抜けた。一日のみの稼動ですぐ対策され終了。

⑦『インディージョーズ』→7をテンパイさせた時のランプのつき方で、右リールに狙うAT小役を見抜けた。ベースアップ打法。実践した台が設定6だったので普通に万枚(笑)。シールなどですぐ対策された。

他にもなんかやったような気もしますが、有名な『コンチ4枚掛け打法』は知った時には既に終わっていたり、『ビーナスライン』『スターゲート』『サミー系コピー打法』なんかは対策も早かったので出来ませんでしたね。

攻略法を知る人がいればいる程、その攻略法の寿命は短いのが常です。
特に今はネットで情報がまわるのが早いので、お店の方の対策は万全です。

まぁ、攻略法なんかに頼らなくても、十分勝てる要素があるのがパチンコ・パチスロの良い所ですし、ホントに勝ちたいならやはり最低限の努力はしなくてはなりません。目押しとか知識とか立ち回りとか、引き際とかね。
パチンコやパチスロは、技術介入性のある遊技機(←技という文字があるように)です。これを駆使できれば、負けを減らす事は出来ると私は思います。
大負けしている人に限って、やっぱり立ち回りや台の選び方に根拠を持ってないし、目押しや止め打ち等の技術も使っていない人が多いのです。
それでも遊んで勝てたら儲けられるのですから楽なもんです。だからこそホントに勝ちたきゃ最低限の努力はしましょうよ・・って思いますけどねぇ。

ニセの攻略法などを謳って騙す方が一番悪いのですが、騙された方も楽して稼ごうなんて、やっぱり世の中甘く見すぎているのではないでしょうか?
こういう商品を信じきって買う人(いるのか?)と同じだと思います。
ネタで買ってみたいとは思いますがねぇ・・。人工精霊とか(笑)
[PR]
by bar-_-seven | 2005-06-23 18:25 | パチンコ・パチスロ
開発日誌
最近すっかり落ち着いて、会社でもマッタリしてしまっています。
5月度の忙しさに比べれば楽ですなぁ・・。

さて、以前のエントリーでSANKYO『花月伝説』を1ライン機だとしてしまいましたが、私の勘違いで普通に5ライン機でした。訂正とともにお詫び申し上げます。

しかし、スゴイ配列になっていましたねぇ・・『花月伝説』。
チェリーキックを無理矢理させない強引な配列です。ある意味すごい。
左リールを最後に押す変則打ち時の停止不可位置や組み合わせがかなり多く、中押し、右押し時は単調な制御になっていそうです。
5号機はリール制御が限られかなり単調になりがちで、液晶の演出が活かし難いので、私も制御や配列にはかなり気を使っています。制限ありすぎて頭イタイくらい。
5号機で許されている数少ないプラス材料『ボーナスと小役の同時成立』をうまく使っていきたい所。

私の仕事のほうは、今月末に1機種保通協に持ち込む予定で、少し落ち着いている状態です。
今は次作の打ち合わせ、演出のシステムや抽選形式、メイン仕様と演出の絡み等、トータルで再構築している所です。大まかなものは既に出来上がっているので(配列とか)、出玉計算、演出フロー制作などですかね。
大当たり確率がしっかり決まらなければ、演出の頻度調整や信頼度の設定が出来ませんので、そろそろ細かい設計値を決めておかなければなりません。

まぁ、余裕はあるので定時には会社を出て近所のホールへ『出勤』しちゃうんですけどね。
今月はトータルでチャラペース・・・。5千円しか浮いてません。
食費でどんどんお金が減っていってるので稼がねば・・!
[PR]
by bar-_-seven | 2005-06-22 18:26 | パチンコ・パチスロ
パチスロ 4号機登場
c0008823_1123093.jpg1992年(平成4年)の規則改正により、市場は4号機をむかえる事となります。3号機からの変更点も多く、『Jacゲームの獲得ゲームの上限が6回から8回へ』『BIGの獲得枚数が純増枚数から期待値方式に』『集中のパンク確率の引き上げ、小役、シングルボーナスフラグの持ち越し禁止』など、大幅な変更がされています。中でも『リプレイ』という再遊技が搭載されたのは、この4号機からです。

写真は初の4号機で、新規参入メーカー『エレクトロコインジャパン』(現エレコ)から販売された『チェリーバー』です。
当時の市場はまだ3号機、特にBモノが多く、「4号機って全然連チャンしないんでしょ?」などとあまり評判の良いものではありませんでしたが、ユニバーサルと提携していた事もあり、導入は早かったように思えます。

私は導入直後、中野の「てんとう虫」というお店(ユニ系直営店で今はありませんが)でこの『チェリーバー』を初打ちしたのですが、初搭載されたリプレイ揃い時に、ついコインを投入してしまったりと、やり難さに戸惑いながら打っていたものです。
また、隣のニイチャンに「リーチ目って何?」と聞いた時、「真ン中が光るから」なんて答えが返ってきて「何言ってんだろ?このニイチャン」な~んて不思議に思ってました。
当時は沖縄にしか設置されていなかった沖スロを除き、フラグの告知はリーチ目のみの機種しかありませんでしたからね。
後日、そのバックライトフラッシュに気付き、衝撃を受けたものです。
リーチ目についても結構秀逸で、アツイ上段7停止や、当時は珍しい小役の組み合わせリーチ目『ベル-ベル-チェリーバー』が出現したプレイでフラッシュしなければ集中役などと、初の4号機にしては優秀なゲーム性を持った機種でした。『ベル-ベル-チェリーバー』は後の大ヒット機種『クランキーコンドル』のリーチ目「リリス」の原型ですねぇ。たぶん。
期待値方式になり、リプレイハズシが通用した機種でもあります。
また、バックライトフラッシュ時、今で言うジャグラーのGOGOランプみたいのが光る仕様だったのですが、当時はモーニングサービスが全盛の時期で、朝イチにモーニング台を見破られない為に、大抵のお店ではランプが切られていました。

この『チェリーバー』を皮切りに、長い4号機の時代がはじまりました。
同じ4号機の規則でも、新しい解釈に基づいた様々な機種が出回る事となります。
ホント、振り返ると随分とパチスロも変わっていったものですねぇ。
これから迎える5号機時代は、全てその過去の歩みや布石があってのことですから。
[PR]
by bar-_-seven | 2005-06-21 11:59 | パチスロの歴史
5号機 再び適合!?
SANKYOの『花月伝説』に続く5号機の動向が気になるところですが、新たにパチスロ5号機が適合したと言う噂が流れています。

1社はまたまたSANKYO。もう1社は『アルゼ』の5号機が適合したという噂です。
まだ事実関係は不明な点が多いのですが、SANKYOは既に5号機の適合を受けていますし、アルゼは規則改正後からパチスロメーカーの中でも積極的に5号機を持ち込んでいましたので、そろそろ適合を受けてもおかしくはないはずです。

特にアルゼは4号機の未発売機種が底をつき、最近の『ゴールドXR』再販に見られるように、パチスロ販売において、昔は『天下のアルゼ』だった面影は全くなくなり、苦しい立場にたたされています。
こういった状況を打破する為にも、5号機では他社より1歩も2歩も抜き出なければならず、一度に10数機種を保通協持ち込んだとの話から見ても、5号機開発においては、ある意味『必死』だったのかも知れません。

それにしても天下のアルゼがここまで落ちぶれるとは・・。
パチスロの販売でも、当たり前のように抱き合わせや台数制限等の殿様営業をしていた頃と比べても、いまやそんな面影すらありません。すでに結果も出てしまった機種の販売をするなんてねぇ。
しかし、そこそこ売れているようです。ホールも余程買う機械がないのでしょうね。
そういう意味では、なりふり構わない販売戦略も、少しは効果があったという事ですか・・。

アルゼの社内体制、開発体制を部外者の私がどうこう言うのも変な話ですが、アルゼ全盛の時代を築いた開発陣は、現在は殆ど退社、または引き抜かれて、他のメーカーに移っています。開発から役員クラスまで登りつめた方でさえ退社してしまっているわけですから、そういった貴重な人材を放出してしまったのは、やはり経営陣に責任があるように思えます。

話はそれてしまいましたが、この噂が本当であれば、パチスロとしての5号機は初の適合になると思います。(パロットも中身はスロットですが)
今後の動向が気になるところですね。
[PR]
by bar-_-seven | 2005-06-17 13:47 | パチンコ・パチスロ