BAK-NEWS
baknews.exblog.jp

パチンコ・パチスロの様々な事情。アジア情勢、ニュース論評など、真面目じゃない筆者が好き勝手に書くブログ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
このブログについて。
パチスロ企画開発に従事するパチバカ人間のブログです。

ニュース記事もたまーにやりますが、流して下さいませ。

パチンコ・パチスロに係る質問があればお気軽にどうぞ。
↓パチ関連特化Blogはこちら↓   ◆パチブロ!BAK-NEWS◆



      ◆お知らせ◆
TB、コメントは基本的に自由です。
しかし、商業目的や、公序良俗に反したものは、削除させていただく事があります。

※以下が削除対象となります。

・攻略法等を煽る物
・アダルト系サイトに誘導する物
・その他記事とは全く関係のない商業目的と思われる物
カテゴリ
最新のトラックバック
パチンコ必勝法
from パチンコ必勝法
パチンコ必勝法
from パチンコ必勝法
北斗のクレヨンしんちゃん..
from nanameme
パチスロ 攻略
from ギャンブル総合サイト 「ga..
永田議員電子メール問題
from woody経済新聞
「電車を停めない」=「死..
from 入試過去問と著作権を考えるb..
小泉改革と事件無関係 ラ..
from 妄想to悪口
コレは笑っちゃイカンので..
from パチンコ業界 ウラの裏はオモ..
特許侵害だ!120億円!
from パチンコ業界 ウラの裏はオモ..
ビザって10回ゆってみ。
from 市川電蔵事務所
バカにつける薬無し
from いつもゴロゴロダラダラ
日中、日韓首脳会談「日本..
from ぱっとんな日々
前原代表、GJ発言続く。..
from 理性と狂気の境界
前原代表、支那に拒絶され..
from 理性と狂気の境界
君が代日の丸反対派の嘘その1
from ニッポンのこれから
・左派団体から中学校に届..
from アジアの真実
私的実験室
from 私的実験室
2005-11-25 S..
from mySCRAP
親日
from Blog jet city
日本領竹島(独島)に展望..
from マスコミが伝えない 韓国
お気に入りブログ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
釘のお話
よく、「釘師」や「釘調整」と言う言葉を聞かれると思います。
今回は釘調整の流れをテキトーな感じでサラッとお話しましょう。

厳密には「釘調整」ではありません。
全てのパチンコ台は法律の規則の枠内で許可を取り、市場に出回ります。
パチンコメーカーは新台を開発した時、保安電子通信技術協会(保通協)という所に機械を持ち込み、規則の枠内に入っているかを検査してもらいます。
出玉率や、機械の中身のことまでこまかーく調べられ、OKが出た場合に初めて合法機と言う事で市場に出す事が出来る機械になります。
当然、出玉率には釘が関係してきます。あくまでも試射試験をクリアした時の釘が合法なのです。
ですから、「釘調整」と言うと、「コラー!違法に機械を改造するのかぁっ!」と怒られてしまうので、正しくは「釘点検」になります。
まぁ、中身は調整なんですけどね(笑)

「釘点検」に必要な基本道具です。
c0008823_13463830.jpg

まずは「ハンマー」
トンカチや金槌ではありません。なんと言われようが「ハンマー」です。(笑)
これで釘の頭を叩き、微妙な角度を調整します。
釘を叩く音で釘師の熟練度がわかったりもします。
素人さんなら「ゴツゴツゴツ」と鈍い音で
熟練した方なら「カチカチ」と澄んだ音がします。
力ではなく、ハンマーの重みを利用して叩くので熟練した方なら何台叩いても疲れません。
ハンマーの振り方ひとつでも結構奥が深いのです。

c0008823_1351164.jpg

両端に玉がくっついているのが「ゲージ棒」
板みたいのが「板ゲージ」(そのまんま)です
基本的に0.05ミリ単位で幅や大きさが違います。
もっと小さい単位もありますが、サラッと流しましょう。
「板ゲージ」はスタートチャッカーなどで、釘の手前の幅を決めるときに使用します。
「ゲージ棒」は釘の根元の幅で、玉のひっかかりの確認や、通るか通らないか微妙な感じに調整したいときに使います。

他にも小道具があるのですが、この基本道具があれば釘を叩くことが出来ます。


実際釘を調整するときは、お店の要望に応えなくてはなりません。
お店が一番気にするのは、調整した台の「割数」です。
簡単にいえば出す単位ですね。
10割ならばお店と客が引き分けって事だと思ってください。
割数が高くなると客に出す出玉が多いという事です。

今のデジパチだと何回回ったかが割数の重要なポイントになります。
ここで違うのが「1000円でいくら回ったか」という単位ではなく
「1分間(100発)打って何回スタートチャッカーに入ったか」が基準になり、スタート回数と呼ばれます。
大体5.0回から6.5回ってとこでしょうか・・。
お店の営業形態でも変わってきますが、6回を基準に考え、それを上回ればよく回る。という感じですね。
等価交換とかだと5.2回とか低い数字になります。

次に大当たり中の出玉(TY)です
高い換金率のお店だと大当たり一回の出玉が少ない事が多いですよね?
明らかにスタート回数を下げるより大当たりの出玉を削ったほうが、客のイメージダウンに繋がりにくく、客を飛ばしにくいのです。

他にも色々割数を調整する要素はあるのですが、一番大きい要素がこの2点ですね。

あとは機種ごとによって確率も違うのでスタート回数もマチマチです。

ちょっと長くなりすぎたので、次回にまわしましょう(笑)
次は実際お店で調整したときのいろんな出来事について書こうと思います。
[PR]
by bar-_-seven | 2004-12-11 14:25 | パチンコ・パチスロ