BAK-NEWS
baknews.exblog.jp

パチンコ・パチスロの様々な事情。アジア情勢、ニュース論評など、真面目じゃない筆者が好き勝手に書くブログ。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
このブログについて。
パチスロ企画開発に従事するパチバカ人間のブログです。

ニュース記事もたまーにやりますが、流して下さいませ。

パチンコ・パチスロに係る質問があればお気軽にどうぞ。
↓パチ関連特化Blogはこちら↓   ◆パチブロ!BAK-NEWS◆



      ◆お知らせ◆
TB、コメントは基本的に自由です。
しかし、商業目的や、公序良俗に反したものは、削除させていただく事があります。

※以下が削除対象となります。

・攻略法等を煽る物
・アダルト系サイトに誘導する物
・その他記事とは全く関係のない商業目的と思われる物
カテゴリ
最新のトラックバック
パチンコ必勝法
from パチンコ必勝法
パチンコ必勝法
from パチンコ必勝法
北斗のクレヨンしんちゃん..
from nanameme
パチスロ 攻略
from ギャンブル総合サイト 「ga..
永田議員電子メール問題
from woody経済新聞
「電車を停めない」=「死..
from 入試過去問と著作権を考えるb..
小泉改革と事件無関係 ラ..
from 妄想to悪口
コレは笑っちゃイカンので..
from パチンコ業界 ウラの裏はオモ..
特許侵害だ!120億円!
from パチンコ業界 ウラの裏はオモ..
ビザって10回ゆってみ。
from 市川電蔵事務所
バカにつける薬無し
from いつもゴロゴロダラダラ
日中、日韓首脳会談「日本..
from ぱっとんな日々
前原代表、GJ発言続く。..
from 理性と狂気の境界
前原代表、支那に拒絶され..
from 理性と狂気の境界
君が代日の丸反対派の嘘その1
from ニッポンのこれから
・左派団体から中学校に届..
from アジアの真実
私的実験室
from 私的実験室
2005-11-25 S..
from mySCRAP
親日
from Blog jet city
日本領竹島(独島)に展望..
from マスコミが伝えない 韓国
お気に入りブログ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
強いSANKYO
c0008823_17121467.jpgSANKYOの『夢夢ワールド』の資料。
導入はお盆明けだとか。詳しい事は分かりませんが、パロット『花月伝説』やビスティブランドからの新5号機『新世紀エヴァンゲリオン』なども控えており、SANKYOの開発体制、販売戦略が他メーカーよりも抜き出ている事がわかりますね。パチンコ新基準機『CR・F・大ヤマト』の初適合の時も同様でしたが、全てにおいての対応がとにかく早い。


私の記憶では、SANKYOの新機種発表が一ヶ月に1機種ペースになったのは、4年か5年前からだったような気がします。
モノにもよりますが、新機種の開発から発売までの期間は大抵6ヶ月くらいは要します。
それを1ヶ月に一度のペースで新機種をリリースしていくとなると、相当厚い開発体制を敷かなければなりません。
SANKYOから出された機種を見ていると、大抵良く出来ていて大当たりもそんなにないが、大ハズレもない。といった印象を受けます。良く言えば『安定している』といったところでしょうか。
ホール側としても、そういう評価は多いと思います。

SANKYOがこの販売戦略を打ち出した当初、この1ヶ月に1機種という猛烈なリリース速度に、『SANKYOは出しすぎ』『機械の寿命がさらに短くなる』なんて批判もありました。
しかし、『1機種の予定販売台数は3万台売れれば御の字』で『年間でのトータル販売台数を稼ぐ』この戦略が功を奏し、モンスターブランド『海物語』に頼る三洋と並び、年間の売上は相当なものになっていると思います。
その上での、この新基準機への対応の早さ。
また、『ボンバーパワフル』でパチスロの評価も得て、次の『夢夢ワールド』の前評判も上々という事を見れば、SANKYOの勢いは当分止まらないでしょうね。

さて、SANKYOをライバル視しており、対抗しうる大手メーカーと言えば、以前は同じ群馬県桐生市に本社を持つ『平和』だったのですが、『CRドロンジョにおまかせ』シリーズの予定販売台数を大幅に割り込んだ結果と、それに伴う業績予想の下方修正、また昨年度好調だったパチスロ機を今年から自社製作のパチスロ新筐体に変えた事によるマイナスイメージの大きさ・・。
どう考えても、かつてのNO1メーカーだった平和もSANKYOとの力の差は開く一方のようですね。
3年前程でしょうか。I副社長が『5年内にパチンコ・パチスロ共にトップメーカーに返咲かなければ辞める』なんて公約したようですが、あと2年で劇的な逆転はあるのでしょうか。

今月に導入されるパチンコ機で前評判も最高の『CR・北斗の拳』を持つサミーも、現在パチスロ業界の最大手ですが、4号機時代の実績がほぼクリアされてしまう5号機基準の変更、また、その5号機開発の出遅れを見ると、もう少し日電協トップメーカーとしての頑張りを見せて欲しいところ。
パチンコで大きな実績はまだないですし、今後大きくパチンコ市場でシェアを広げる為には、今回の『CR・北斗の拳』の結果がどう出るかに拠るでしょうね。
未発売4号機のビッグネームがそこそこあるとしても、未だに具体的な発売時期が出てきませんので何とも言えません。
あと、あのギネス級マシン『北斗の拳』を企画した人間は既にサミーから出て、他メーカーに移籍していると聞きます。こんな事耳にすると、なんだか現アルゼと同じ道を辿っているような・・気がしませんか?

年間にかなりの数の新機種をリリースし、実績も残しているSANKYOは、大ヒットブランドに頼って販売台数を稼ぐメーカーと違って、堅実さを証明していると思います。当分落ちぶれる事はないでしょう。

なんかここまで書くとSANKYOをベタ誉めしてるようですが、ただ単に『すごいメーカーだなぁ』などと感心してしまうんですよね。
[PR]
by bar-_-seven | 2005-07-05 18:23 | パチンコ・パチスロ