BAK-NEWS
baknews.exblog.jp

パチンコ・パチスロの様々な事情。アジア情勢、ニュース論評など、真面目じゃない筆者が好き勝手に書くブログ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
このブログについて。
パチスロ企画開発に従事するパチバカ人間のブログです。

ニュース記事もたまーにやりますが、流して下さいませ。

パチンコ・パチスロに係る質問があればお気軽にどうぞ。
↓パチ関連特化Blogはこちら↓   ◆パチブロ!BAK-NEWS◆



      ◆お知らせ◆
TB、コメントは基本的に自由です。
しかし、商業目的や、公序良俗に反したものは、削除させていただく事があります。

※以下が削除対象となります。

・攻略法等を煽る物
・アダルト系サイトに誘導する物
・その他記事とは全く関係のない商業目的と思われる物
カテゴリ
最新のトラックバック
パチンコ必勝法
from パチンコ必勝法
パチンコ必勝法
from パチンコ必勝法
北斗のクレヨンしんちゃん..
from nanameme
パチスロ 攻略
from ギャンブル総合サイト 「ga..
永田議員電子メール問題
from woody経済新聞
「電車を停めない」=「死..
from 入試過去問と著作権を考えるb..
小泉改革と事件無関係 ラ..
from 妄想to悪口
コレは笑っちゃイカンので..
from パチンコ業界 ウラの裏はオモ..
特許侵害だ!120億円!
from パチンコ業界 ウラの裏はオモ..
ビザって10回ゆってみ。
from 市川電蔵事務所
バカにつける薬無し
from いつもゴロゴロダラダラ
日中、日韓首脳会談「日本..
from ぱっとんな日々
前原代表、GJ発言続く。..
from 理性と狂気の境界
前原代表、支那に拒絶され..
from 理性と狂気の境界
君が代日の丸反対派の嘘その1
from ニッポンのこれから
・左派団体から中学校に届..
from アジアの真実
私的実験室
from 私的実験室
2005-11-25 S..
from mySCRAP
親日
from Blog jet city
日本領竹島(独島)に展望..
from マスコミが伝えない 韓国
お気に入りブログ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
大都技研新台とパロット考
c0008823_1839911.jpg昨日、大都技研の新台『押忍!番長』が発表されました。展示会には行けませんでしたが吉宗と同じシャッター第2弾と言う事で、やはり注目度は高かったようです。数ヶ月前から、大都技研の検定通過機種で型式名「デンセツノオトコD」の名前だけは知られていましたので、噂では「吉宗の後継機で正宗という名前らしい」(なぜ正宗かは不明)だの流れてたわけですが、ある意味その期待の裏切りはあったにせよ、吉宗で大ヒットを飛ばした大都技研の機械をホールさんは無視出来ないでしょうね。特に未発売4号機も少なくなってきており、入れ替えをする機種の選択肢もあまりないですから、結構な数が導入されるのではないでしょうか。

先日、5号機試験に適合したパロットですが、設定6で機械割は110%を少々上回るとの事。
現在5号機パチスロの開発で一番ネックになっている短時間出玉率と役物比率の規定オーバーを回避しながら適合を受けるには、通常時のベースを相当上げながら、反対にボーナス確率を極力下げるかボーナスでの獲得枚数を少なくするかしかありません。
簡単に言えば、「コイン持ちは非常によくなるがボーナスのかかりは悪い機種」って事になります。
具体的には「千円で50~60ゲームまわる」「終日打って大当たり回数が10回前後」のような台になるやも知れません。
ホールさんにとっては台売りやコイン単価が気になるところでしょうが、警察庁からパチスロメーカーに「一日3~5千円で遊べる機械をつくれ」などと言ったと聞きますと(噂ですが・・)、前述の話も視野に開発していなければいくらパロットといえども、中身は5号機パチスロなのですから適合を受けられたはずはないのです。
5号機パチスロをパチンコで例えるなら、『ハネモノのようなもの』とでもいいましょうか。
それくらいのスペックを警察庁は目安にしているように思えます。

短時間出玉率という試験の他に中時間、長時間がそれぞれあるのですが、長時間では17500プレイで120%まで出せるわけですから、SANKYOの110%超という機械割が可能になった裏には、やはりベースを上げ、瞬発的な出玉はなくダラダラ増やしていく。というスペックだと言うことがわかります。
しかし、SANKYOの戦略の裏には、先日も書いた通り、そんなスペックでも新ジャンルである「パロットだから許されるし、売れる」という利点を活かす。というものがあっただろうし、販売する事で他のメーカーよりも1歩も2歩も差をつけられます。

さて、パロット導入直後は『もの珍しさ』や『BIG1回分がドル箱1箱に相当するので見た目にも出ているように見える』事で、高稼動が続くようにも思えます。それから定着するかどうかは別として、新ジャンルとしては、良いスタートを切れるのではないでしょうか。
また、パチスロの2万枚稼動が、パロットでは10万個稼動という数値になるわけで、同じパチンコ玉を使っているからパチンコと比較してもスゴイ稼動のように見える。という印象のトリックも手伝って悪い印象は少ないのではないのでしょうか。
まぁ、見た目と現実のギャップは後々に分かってくると思いますがね。

いずれにしても、5号機、パロット開発販売のイニシアチブを取ったSANKYOには感服しちゃいますなぁ・・。
[PR]
by bar-_-seven | 2005-06-07 18:41 | パチンコ・パチスロ